次の

webサービスを、と考えるなら拡張性をもった方がいいだろう。データを使う、レイアウトを変更できえる、それらをつくりながら変えてゆく。