今日こそはと

本当のことを書こうと思うけれど、かしこまってしまう。かしこまって生きてゆくことなど望んでいないのにな。ちょっとでもわるいことがあると、自分のせいだと思ってしまう。自分の人格とつなげてしまう。そんなことはないのに。 人から相手にされないのも、…

はやく

生活を変えたい。

人に

操られたくない。人の想定に範囲に収まることで、人に心の安定を与えることは、その相手に操られているということだ。もう、そいうのはイヤだ。本当にイヤだ。自分の好きに生きていくことが真の自由につながる。 変とかダメとか言われることがこわかったけれ…

もう行かない

もうそうすることにした。決まってよかった。次だ、次。

いつもいつも

すぐ振り出しにもどるような気がする。振り出しにもどされるんだろうな。それでも生きてきたけれど、どうすれば積み重なるのか分からない。明日は始まるけど、まあ、普通に生きてゆくよ。

物量が変化を起こす

量的変化は質的変化をもたらす。そういうことなんだよなぁ。

自分のお金とか

整理してちゃんと考えるの面倒だったけれど、きちんと距離をとって感じてみると、うまく整理しておいた方が楽だ。すべては距離感の問題で、自分と対象との距離感が近すぎて、自己同一化してしまうと、客観的に感じることが出来なくなってしまう。自己同一化…

香川の

スーパープレイを観るとめちゃめちゃスカっとする。本田とかまったくスカっとしない。別にサッカー楽しそうじゃないし。それでも勝つからすごいのだろうけど、純粋な楽しみにはならないよね。難しいもんです。

次の

webサービスを、と考えるなら拡張性をもった方がいいだろう。データを使う、レイアウトを変更できえる、それらをつくりながら変えてゆく。

考えること

英語がもっとできたらなぁと考える。考えているだけだから、上達はしていない。地道な積み重ねでしか英語は上達しない。他の人はどうかは知らないが自分の習得を考えるとそうなる。日本語を書いていても感じるが、表現が曖昧だから、英語を話すことが難しく…

書くこと

書くことを忘れてしまいそうになる。自分のことなのに、ずっとほったらかしにしておいてしまう。なにもそんなに真剣になることなんてないのになぁ。人に邪魔されたくないよ。本当に。考えることを忘れはじめているようで怖い。目の前にやることがあって、そ…

整体

整体に行って、首のずれと背中のこりをとっもらうとめちゃ楽だ。今の給料で働くことの限界がきた。変化は自分からではなく、向こうからやってくるもんなのだろうな。準備はオーケーだからね。

自分のやれること

だけやれたら、あとは天に任せよう。どうにかしてくれるだろう。

データサイエンティスト

それは、あくまでビジネスパーソンらしい。言うことはもっともな気がするな。厳密な分析は研究者に任せればいい。回収までの時間の問題なんだと思うんだよなぁ。具体的なことって本や現場でしか拾えないですよね。同様に数学や統計もどっぷり大学院とかで浸…

自分と外との境界線

自分が外に求めなくなると、外との距離感がほどよくなってくる。きっと、これまでは求め過ぎていたのだと思う。脳が過覚醒の状態ばかり続いていて、快感物質が出るようになっていたはず。それを感じなくてもいいや、仕方ない、という風に腹をくくると、さみ…

きちんと

したくないなぁ。それは何かのサインだ。見逃してはいけない。

今日も

いつの間にか一日が終わる。もっと楽しないとエネルギーがもたないね。どう頑張ってもサラリーマンに向かないので、自分で生きていく術を身につけなければと思う。時間は限られているので、現実的に動いていく。別に夢とかないけど、安全は欲しいんだよなぁ…

人の言うことは

ほんとんど、その人が理解したいだけのための自己満足でしかないように感じる。なので、その自己満足に付き合ってやる必要は全くもってない。お願いだから、勝手にやっていてくれ、心からのお願いだよ。自分が理解出来ないことは世の中にたくさんある。それ…

人に話すということは

1人で抱えきれないものを一緒に支えてもらう行為なんだ。1人では無理なので、お願いします、という意味合いを込めている。助けてくれとは言わないけれど、すこしだけ肩をかしてくれ、という感じだと思う。この肩をかせない親だと、子供は寄りかかる原体験…

身体が痛い

身体がとにかく固くなって痛い。ほぐしたいけど、ほぐれない。痩せたいけど痩せない。うまく使えていない。まるで、自分のものではないみたいだ。子供のころからそうだけど、身体だけじゃなくて頭もそうだ。自分のものではないみたいだ。

あ~あ

もう仕事めんどうくさすぎて、いやだ。エネルギーが循環しない相手と話すのもいやだ。搾取されるだけだから。おれのことをわからないのに、わかろうとはしないでくれ。分かってくれなくていいんだ、ほんとに。

プロセス

特定の当事者に責任を返せないような出来事を「プロセス」と呼ぶ。

雪の日に時間通りに出社するだけで、ちゃんとした人な感じを出す人って。。。と思う。

予定

予定をつめると、余裕がなくなる。何でも詰め込めばいいもんでもない。一人の時間確保しないと無理なんだな、これが。さて、やってることを記録してみようか。

つまるところ

つまるところ、大切なのは正しいことを2、3やって、大きな間違いをしないようにすることだけだ。小さな間違いはそれで帳消しになるから、安心して人生を楽しめばいい。

うまくいかせるには

物事や人間関係、仕事でもそうだけれどものすごくうまくいく状況を求めると、だいたいその1歩手前でうまくいかなくなる。大成功できない、ということでなくて、完ぺきなフローでうまくいくことはない、ということだと思う。常にちょっとした浮き沈みがあっ…

やることを

やることを増やしたからと言って、物事がよくなるわけでもない。やることを減らした方がやるべきことに集中できてよい。そうしないと何も出来ないまま終わる。ウォーレン・バフェット曰く、やるべきことを書き出して、上から8つだけやれ、と。それ以外は意味…

起きていることが正しい

ものの見方にはいろいろあって、こうあるべき、で動くことが多いと思う。こうあるべきでものを考えるのは楽だ。先に理想があって、現実との違いを指摘すればいい。逆に起きていることが正しいという見方がある。この場合には現実に起きていることがなぜ起こ…

Oasisが好きだけど

彼らが言っているには何好きになっても、何をやっても、誰を好きになっても、卑屈になって作り笑いなんかしなくていい、ということなんだと思う。ジョン・レノンもそういうことを表現したんだと思う。人生で出来ることをやっていいというね。

スマホ

スマホのゲームをやっているんだろうけど、電車とかで、とにかく指を動かしている人が大キライ。本当にいなくなればいいのに、と思うほどにキライ。指を動かしているんじゃなくて、動かされているリズムが本当に気持ち悪い。いつかビデオにでも撮ってその姿…

毎日

毎日、仕事をするのはいやだ。疲れるし、好きなことが出来ない。ストレスでしかない。朝起きて電車に乗って会社に行って仕事する。でも毎日出来ている。もし、明日から好きなことやっていいよ、と言われたら、寝てしまうだろう。そんなもんだ。仕事はめんど…

本当に尊敬出来る人に

本当に尊敬できる人に会って、真似をしたいと思う。あこがれとか、こうなりたい、という人に。自分であることも保ちつつ、大切な要素を取り入れることも出来る。

人と噛み合わない

人と交わることなんて難しくて出来ない。人が多ければ多いほどにそれは困難になる気がするし、気合いを入れれば入れるほどに何かがうまくいかなくなる。つまるところ、余裕ないってことを意味しているんだろうけど、余裕なんてどこにも売ってない。ので、ど…

自分で

相手を思っているのか、自分が言いたいだけなのか、その境界線は曖昧になることがある。でも伝えないと意味のないこともある。人の行為をとやかく言うことは出来るけれど、自分がどうするかは自分で決めるしかない。と書くと固いけれど、自分で決めてよい。…

ちょっとしたこと

ちょっとしたことで気分は変わる。でも、ちょっとしたことでドン底にもいく。そういう毎日も刺激的だけれど、もうちょっと集中して自分と向き合うということも大切だと思う。

流れる、流す

基本的に真面目やるとうまくいかない。適当にやる、手を抜く、つまりリラックスしてやると流れる。流れるというのはとてもよい。次に行けるということであり、新たなステージへ行ける。ある意味気持ちいい。体感で書けば、自分のちょっと外側に意識を置いて…

包まれる

会社の仕事なんて、つまらない。圧倒的に器が大きい人に包まれたい。そういう体験をしないと、あふれそうになることがある。理想は自分で自分を抱えることだ。けれどできないときだってある。体験なんだ、すべては。

気になる

気になる相手ほど楽に構えてられない。なんでそうなってしまうのか。大切なものには、大切なものを投影してしまうんだろう。高価な壷を抱えて、綱渡りしているような感じになる。その状態をどう変えるか、もしくはどう向き合うかなのかと思う。

場をつくる

はっきり言って相手を安心させる場がつくれるかどうかが、その人の能力なんじゃないかと思う。自分の言いたいことを言う人は、とっても二流だと思う。こと表現者となるなら、それをやらねば意味がないんだけれど。人を相手にやるなよ、と思う。

通訳日記 ザックジャパン1397日の記録

今や昔のこととなるが、かつてまったく事前の盛り上がりをみせないW杯があった。南アフリカ大会だ。やっているサッカーもほんよう、圧倒的期待を集める選手すらいなかった。居たとして中村俊輔くらいかも、でも皆、彼が天才であることを認めつつも奇跡を起こ…

ルパンばかり観た

会社を無断で、一応断りもいれたが、休むととても反社会的な行為をしているように感じる。心はどこか落ち着かないし、常に監視されているようだった。いったい誰が監視しているというのだろうか。ぼくらの心にはビッグブラザーが住み着いていて、常に正しき…

カーラ・デルヴィーニュ

最近、やっとカーラ・デルヴィーニュがツボってきた。遅いという声はもっともだけれど、人生にはジレンマに悩む時間も必要なんだよ。カーラは表情ががいいよね。とりわけ眼に生命の伊吹が宿っている。地下鉄に乗ってうらぶれている連中とは生命力がちがう。…

先延ばし

最近、先延ばしにしてしまうことへの対処の記事を読だ。要は先延ばしとは、いきなり本命のことをやろうとするから、大変な壁にぶつかりそうで、何となくやらないという結果になるってことだった。ふむふむ、とうなづくことは出来る。では、どうするか?が、…

つらい

つらいことを経験すると、ふつうのことが楽に思えてくる、とかはウソではないかと思う。本当につらいことは、傷つくことであり、傷つくのは大切なものがあるからだ。大切なものほど離れがたく、忘れがたく、失敗したくない。そうやって怯えた状態はつらいけ…

マーク・ジェイコブス

マーク・ジェイコブスの名前は知っていても、それが何なのかは知らなかった。それ、と書いたのは、ファッションのブランド名と人の名前くらいの認識しかなかったからで、どこか遠い世界で起こっている「何か」くらいに感じていたからだ。 でも、今はマーク・…

深くもぐること

日常から遠く離れてみたいと思うことがある。旅行に行くと、確かに日常から離れることができる。ましてや、海外に行けば日本のルールなんて通用しないんだから、なおさらだ。異国の土地で異国の食べ物を口にして、別の言語で響く会話をきき、自分の家でない…

好きな人

好きな人は、そりゃあひとりしかいないだろう?って話は置いておいて、少し書いてみよう。ジョン・レノンアナ・ウインターマーク・ジェイコブスノエル・ギャラガーテイラー・スウィフトみんなへんな人だけど、わりとふつうだと思う。ここから何を考えるかだ…

ピザって

土日はやることがない。本当にない、というよりは寝ないと回復しない。だから布団にくるまって眠りまくる。今日友だちという連中とピザをつくってみた。は~、人の家に行くっていうのはそれだけでエネルギーを使うよな。ここで吐き出さないと、グリーンデイ…

最近思うこと

自分はどこに居て、何をしているんだろう?と思うことありませんか?最近これが分からない。もちろん、住所も勤めている会社も分かるし、家族や同僚、友達だっている。それでも、自分がどこに居るのかは不明だ。あぶない話をしている訳でもなく、単純に自分…

眠ること

眠ることは、もう一つの世界を生きることだ。現実は触れることができて、感じることができる。身体的世界というべきもの。眠りはこれとは別で、意識の世界だ。誰に会って、どんなことを話して、どんなことが起こったか。身体的世界での出来事を意識の世界へ…