たんたんと

やるといいけど、つまらないと思ってしまうと、つまづく。地道にやるということが大切だったりするんだけどなぁ。自分を表現することと、自分の気分が上がることを同じに考えている人が陥るよね、これに。

Change up your salmon routine

っていうコピーを見たけれど、ものは言いようだな。これにケチをつけたいときは、心が疲れている。

こちらに

コミットしてない人の言うことは、すべて無視してもいいくらいに意味がない。分かっているけれどね。

恐らく

美味しい食事、マンガ、快適な家、やりがいのある仕事、充分な報酬、自由な時間、コーヒー、服、便利な道具、社会的立場、対面保ってくれる行動などなどが人にとっては重要であり、人そのものなんかどうでもいいってのが世の中なのでは?と思う気がするが、…

まあさ

人の役に立ったとき、道具としてね、その時だけちょっとだけ存在を認めてくれるけど、それ以外は居てもいなくても同じだよね。風景みたいだ。すべての人がそうなんだろうけど。だから、気をつかうということはエネルギィの無駄だよね。人は勝手に寄ってきて…

気を抜くと

世の中に楽しいこととか、うれしいことがないか探してしまうけど、それをするとツライときもツラくなるから、やらない方がいい。安定するには感情と自分が毎日やることを切り離してしまう方がよい。安定してやることをやれるから。邪魔になると意味ない扱い…

このまま

ただ生きて終わりだとしたら、まあ、それはそれで仕方ないか!

いろいろ

まったくもって、つまらない。自分がつまらない人間になっているからなのは分かるけれど、別そこで何かを思うこともない。1人勝手に生きて行く、とも仕事している以上言えないのが落としどころだなぁ。

はやく

楽になりたいけれど、ならないのは、楽になりたくないんだろうな。何をやってんだかな~。結局のところ、今の状態が心地よいってことをわかっているけど、変えたいというのもある。この力はどこから出てくるんだろうか。バランスを保つためかな。

いたわり

はもらいたいけど、もらえない。まあ、わがままだよね。は〜、つかれた。

別に誰にも頼まれていないのに

やるだけやって、つかれてしまったり、うまくいかないように自分を持っていったりしてしまう。誰にも頼まれていないから、誰にも迷惑かからないので良いのだけれど、ややこしいなぁと思う。もっとシンプルにできると、シンプルなものがかえってくるんじゃな…

遠くに

行きたい。何から離れたいのかは分かるようで分かっていない。でも、とにかく遠くに行って、遠くに来たなぁ〜と実感したいのだろう。ちょっとだけ別の世界に行く時に感じるあに感覚を感じたい。 今が閉塞しているのか?とも思うけれど、別に閉塞していたって…

ねむい

何もかも放り出してねてしまいたい。もし何のストレスもない暮らしができるとしたらどうなのだろう?飽きてしまう?それはないと思う。もっと楽に生きていきたいねぇ。

仕事

めんどくさいけど、お金かせぐ手段としては楽だな。

どうせ誰も

その人の人生など期待していないのに、勝手に何かを背負ったかのように深刻になって色々発信してしまう人は、分からん。さみしいんだろうな。そうやって言えばいいのに。

クオリティの低い電車は

乗らないようにしないと、ものごとはうまくいいかない

とにかく

つかれた。どうやったら気持ちが回復するのかまったく分からない。スッキリしたいけれど、できない。別にそれでいいんだけれど、スッキリしなさに違和感がのこる。

人に伝えるには

人にものを伝えるには文脈が必要で、それをどれだけきちんできるか、ということが必要だったりする。火星の話よりも火星人の話の方が聞きたいように。まあ居ないんだけどさ。 でも、そこを勘違いしている人の方が多くいるのが会社で、それは残念で、とはいえ…

早く帰ると

やることがないように感じることが、すでに何かが違っている。

自分の好きなことだけやるって

いいけど、中途半端だなぁ。

可能なかぎり省エネでいきたい

やれることは限られているので、可能な限り省エネでいきたい。自分の時間を大切にするには、それが一番だと思う。いろいろなことをひっくるめて、好きなことをやるということなのだ。それ以外はあまり重要なことではない。 ただ、何かを達成するのではなく、…

自分の時間

今日は少し持てた気がする。何だかやることやってしまう方がいいのだとは思う。そして、一つ一つやることを記録してゆくべきなのだ。その方が分かりやすかったりする。

2010年8月ごろ

この頃、体調がとにかくわるくて毎日きつかった。ものを考えられないくらいにキツかった。ときどきパニックにもなった。単純にお金がなくなってきたからで、どうしていいか分からなかったからだ。 具体的な日は不明だけれど、どうにか会社を辞めることができ…

2010年5月ごろ

DVDも観るものがなくなっていき、ガンダムとかを観ていた。iPod Classicをこの頃は愛用していてそこに沢山の曲とビデオを詰め込んだ。もちろんだけれど、OasisとBeatlesばかり聴いていた。音楽の幅を広げることもしてこなかったからだ。 日本語が読めなくな…

2010年6月ごろ

このころになると、スポーツジムに通うようになった。そう記憶している。トレッドミルで走った。スポーツ選手みたいな身体になりたくて激しく走ったけれど、それによって逆につかれてしまって、寝込んだりした。継続させる、ということが出来ないには理由が…

2010年4月ごろ

3月はあっという間に過ぎてしまい、4月になった。やることはDVDを観ることくらいでただただ観ていた。ERも観たけれど心には入ってこなかった。 この頃、携帯は電源を切りまったく連絡を取らなかったし取れなかった。自分を保つことが精一杯でそれ以外は何も…

2010年3月ごろ

このくらいのときに仕事に行けなくなり、すべてを投げ出して実家に戻った。大阪の知り合いのところに逃げてしまおうかと思ったけれど、力尽きてて無理だった。仕事では迷惑かけたが、今でも色々言われたことには腹が立つと言えば腹が立つ。 このほんの少しだ…

体調を

正常に戻すことが何においても最優先事項。それが分かるというのは無理がきかなくなってぉているか、ちゃんとやりたいことがあるか、ってことだとは思う。どうでもいい人はそのままでも同じだしなぁ。

ご飯食べたら

夜にちゃんと人とご飯食べたら調子良かった。そういうもんだと思うけどね。掃き出せてよかった。

電車が思ったよりも空いている

のは、大学生が夏休みとかに入り始めたからだろうか。それもいいんだけど、自分の休みをどうにかしたいよね。今週は休む!なんか何を書いているんだか、という気分になるよ。